【ビジネス・経済】日本人のためのお金の増やし方大全(ロバート・G・アレン)


前書き

 本書では、一生続く「複数の収入の流れ」の構築法をお教えします。
 (中略)
 それはやりたいことを、やりたいときに、やりたい人とともにする自由を提供してくれるライフスタイルです。

概要

 この本は下記のの大きな山(収入源?)についての説明がほとんどです。

  • 投資マウンテン
  • 不動産マウンテン
  • マーケティング・マウンテン
    •  この内、投資についてだけはざっと説明して終わってます。簡単に言うと「今すぐインデックスファンドで積立を開始しろ」。
       不動産とマーケティングについては結構体験談とかもあり、じっくり説明しています。この本の8割がこの2つの説明に割いていると言っても過言ではないです。
       
       不動産の説明では、いい物件の見つけ方から、どうやって安く、頭金なしで買うか、どうやって利益を出していくのかの説明がされています。
       簡単に言えばいい(安い)物件の見つけ方は売りたいと思っている人を見つけること。
       また利益を得るには買って維持する方法と転売する方法があり、少なくとも1年に1つ長期的に維持する物件を買い、少なくとも1年に1つ短期的な収益のために転売する、というアドバイスをしています。
       
       マーケティングの説明ではどんなビジネスで収入が生まれるのか、というのをざっとピックアップしてくれています。書籍だったり、セミナー・講演だったり、プログラミングだったりとか。
       最近ならYouTuberがテレビに出たり、ブロガーが本を出したりと、一つのことをやってても複数の収入源ができるってお話。
       今は副業を流行らせようという時代になってますし、一つのことで複数の収入源ができるっていうのは参考になります。
       私も頑張らなきゃ。何をするかはまだ決まりきってないんですけどね←

      まとめ

       本書はお金の増やし方にはたくさん種類があること、そして著者自身の体験談が書かれています。
       その中で「目標は毎年少なくとも1本ずつ新たな収入の流れを作っていくこと」と言ってますし、それを実行していこうかなと。
       去年は株を始め、今年はFXを始めているので来年は不動産とかでも始めようかな?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。