【サッカー】日本代表 対 トルクメニスタン


 昨日のアジア杯、予選第一戦を独断と偏見で採点していく。

Contents

寸評

選手 採点 寸評
権田 5.0 1失点シーンは仕方なし。PKのファールは少し安易だったか。
長友 6.0 逆転ゴールをアシスト。ディフェンスではマークを外すことも。
酒井 5.5 いい楔のパスを出す。いい守備を見せるシーンもあるが、詰めが甘く失点。
槙野 5.0 マークを外してPKを取られてしまう。
吉田 6.0 コーナーでマークを外す。後半からはロングボールを供給し逆転ゴールを演出。
冨安 5.5 ドリブルで持ち上げるシーンもあるが、その後のアイデアがない。
柴崎 6.0 前半はパスミスが目立つも、後半は長いボールでチャンスを作る。
原口 7.0 サイドからチャンスを作り、同点ゴールをアシスト。
堂安 6.5 サイドからのクロスでチャンスを作る。振り向きざまのシュートを決める。
南野 5.0 この試合は目立つシーンが少なかった。
大迫 7.0 前半は決定的なシーンで外しまい、ボールも収められない。ただ後半は同点ゴール、逆転ゴールを決め文句なしのMOM
北川 5.5 危険な場所でボールを取られ2失点目の起点に。

総評

 始まるからヒヤヒヤし、逆転してからはちょっと楽勝ムードがただよい、失点してヒヤヒヤする展開に。

 前半は全体的にボールが足についていない感じ。ディフェンス面では少し油断している場面もあり2失点。

 今後を考えて選手交代はフルで使っても良かったかと。スタミナ的な意味でも、雰囲気になれる意味でも。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。