【Ruby】メソッドの戻り値


 Rubyのメソッドの戻り値は、メソッドの中で最後に評価された式になる。returnを記述する必要はない。

def add(a, b)
a + b
end

puts add(1,2) #2と表示される。

 

 こんな感じ。もちろんreturnを使う事もできる。

 改めて本を読んでそういえば聞いたことあるような、という感じの仕様。忘れないためにもここに書いておく。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。