ほめるだけでいいのか?


 ダイヤモンド・オンラインの「「怒る」と人は育たない!「ほめる」と才能が伸びる!」という記事を見て考えてみた。

怒る必要はないが

 そもそも怒るのではなく注意をすればいい。怒るは相手に感情をぶつけることだが、ちゃんと論理的に説明をすればいいだけかと。この記事のように遅刻をしても注意すらしないってのはどうなのと思う。

 怒らないことと、注意しないことは全く違う。

ほめる目的、注意する目的

 ほめる目的は長所を伸ばすこと。できたことをほめるんだからそりゃそうだよね。

 なら注意することの目的は? こちらは短所を治すためになる。できてないこと、失敗したことを注意するんだからそうなる。

 そして成長のためにはどちらも必要。どちらか片方だけでいいってことはない。要は両方ともバランスよくするのが一番なのだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。