【J2・41節】大分トリニータ 対 ツエーゲン金沢


DAZNで見たので例のごとく独断と偏見で採点。

Contents

採点

選手 採点 寸評
高木 6.0 1点取られるものの無難なまもり。正確なフィードでゲームを作ろうとしていた。
岩田 6.0 ディフェンスで安易に振り切られるシーンが目立つ。攻撃では松本のパスからシュートを放つも得点にはならず。
鈴木 6.5 垣田をきっちり抑える。後半早々、貴重な先制点を奪う。
福森 6.5 左サイドで守備の強さを見せる。
松本 7.0 右サイドをくずしいくつものチャンスを作る。得点にはつながらなかったものの、個人的にはMOM。
6.5 いくつかゴール前で決定的チャンスに絡む。松本からのクロスは角度は厳しかったものの決めてほしかった。
前田 6.5 序盤はうまくボールをもらえなかったが、前半の終盤からボールに絡みチャンスを作る。
丸谷 6.0 守備では奮闘するもののボールに絡めず途中交代。
清本 6.0 後半早々FKからアシストを決める。献身的な守備は見せるものの攻撃では今ひとつ。
伊佐 7.0 前線で動き回りながら攻撃を活性化させる。前線で孤立しがちだったので周りのフォローがほしい。
馬場 5.5 ボールに絡むシーンはあるものの、パスが味方を合わなかった。
川西 7.0 高い位置でチャンスを作るパスを供給する。左サイドから切り込んで勝ち越しゴールを決めた。
三平 6.5 ロスタイムの2本のチャンスを決めきれず。
後藤 6.0 終了間際にカウンターで無理をせずにボールをキープする落ち着いたプレー。

総評

 前半はある程度引かれ、ハーフウェーライン当りから厳しいプレッシャーをかけられなかなか前線にボールを送れなかった。特にボランチのところは完全にスペースを消されていた。

 ロングボールでいくつかサイドの深いところに侵入してもそこで孤立し、結局最終ラインまでボールを戻すという展開が続いた。前半の30分過ぎから松本が右サイドを崩しいくつかチャンスを作るという動きが生まれるものの、基本的には金沢ペースだった。

 後半は早い段階で得点したということで金沢も前がかりになり試合展開が早くなる。

 失点のシーンは岩田が垣田に振り切られシュートを打たれそのこぼれ球を詰められたが、岩田はもう少し粘り強い守備を身に着けてほしい。

 川西と三平が入ってからもそんなに試合展開は変わらないものの、徐々に川西が前線でボールを持てるようになると大分のペースとなる。得点シーンの前も松本との連携で何度か右サイドを崩して言ってたしね。

 正直いうと金沢の方が多くの時間帯でペースを握れていたけど、自分たちのペースになったときを逃さずに点を取れたことが大きかった試合でしたね。残りは山形戦、勝てばほぼ確実に自動昇格なので勝って今年を締めくくってほしいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。