本質を捉えろ


 「だから「移民」を受け入れてはいけない、これだけの理由」から考えてみる。

そもそも原因は

 この法案を考えている理由は人手不足だから。

 でも待ってほしい。確かに労働人口は減っているが、今は売り手市場ではなかったっけ?

 この問題の本質は労働人口の減少ではなく労働環境の問題になる。なのに労働人口を増やそうとしている政府に不信感を感じるのは仕方ないだろう。

本質を捉え損なうことはよくある

 このように原因や本質を捉えていないようなことはよくある。最近話題に上がっている働き方改革なんかもそういうことが多いだろう。

 またコンサルやエンジニアでも同じようなことに出くわしてはいないだろうか。例を上げるとドリルがほしいと言った顧客は、実は穴を開けたいだけであってドリルである必要はないとか。これも本質を捉えそこなっている例となる。

どうやれば本質を捉えられるのか

 これはもうきちんとした調査をするしかないだろう。それこそ相手の話を聞くだけではなく、相手の行動を観察したり、他の人の話を聞いたり、徹底した調査が必要になる。

 それをせずに安易に問題解決をしようとすると本質を捉えそこねることになる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。