【ルヴァンカップ】湘南ベルマーレ 対 横浜F・マリノス


 ルヴァンカップの決勝をテレビ観戦してました。いつものような採点ではなく、所感を箇条書きにて。

前半

 前半は完全にベルマーレのペース。積極的な裏への飛び出しやミドルシュートで攻撃の形を作っていく。また前線からの守備でマリノスにリズムを作らせていない。

 マリノスはロングボールていくつも形を作るものの、攻撃が単発で終わる。一方ベルマーレはこぼれ球が拾えていて攻撃が続いている。

 ベルマーレの先制のシーンもベルマーレの選手のパスがマリノスの選手にあたってこぼれてたのを、マリノスの選手よりも先にベルマーレの選手が反応、その後もマリノスの対応が遅れてミドルシュートを決められる。

 前半は完全にマリノスの選手の足が止まっていました。

後半

 後半の序盤は一進一退の流れ。マリノスがチャンスを作ればカウンター気味でベルマーレもチャンスを作る。

 そして段々とベルマーレの選手の足が止まってマリノスペースに。マリノスは攻撃的な選手を入れて構成に。いくつも決定的なチャンスを作るものの、最後の最後でベルマーレの壁に阻まれる。

 結局マリノスは決めきれないまま試合終了。ベルマーレの優勝が決まりました。

総評span>

 ベルマーレのほうが優勝へのモチベーションが高く、それが前半の流れを作りましたね。

 後半もベルマーレの足は止まったものの、最後の最後は許さないという気迫を感じました。その気迫の差が出た試合だったかと思います。

 ベルマーレ、優勝おめでとうございます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。