いつやるのか


 今でしょ!

 という冗談は置いといて、ダイヤモンド・オンラインにて、「“意識高い系”が仇となり大手を辞め起業して陥った37歳の「マイルド貧困」」の記事にて、「アイデアはあるもののまだ動けない」という箇所が気になったので記事にしてみる。

今動くべきこと

 基本的にはすぐできることはすぐにやるべき。私の場合は投資とこのブログは思い立ってすぐにはじめました。下準備をしてなさすぎて、未だにブログの外見いじってたりするし。

 ブログに関してはもちろんアクセス数はほしいですが、基本的には文章を書く練習だったり、学んだことを整理するためのブログだったので外見は後回しでもいいやという気持ちもありました。

 重要なこと以外はやってから考えるというのも一つの手だとは思います。

タイミングを図るべきこと

 基本的にはすぐに動いたほうがいいとは思うものの、お金の問題だったりしてすぐに動けないこともあります。そういう時はきっちりと動ける条件を満たす計画を立てることが先決。これも思い立ったらそれの準備をすぐ始めるという意味では、すぐに始めているのと一緒だと思います。

この人の失敗は

 単純だけどきちんと会社員時代にお金を貯めるなどの準備を怠ったこと。その準備は別にお金だけではなくて人脈なども含まれます。この人も人脈を広げてたと言っていたものの、独立したときに役に立ってないならそれは人脈を広げたことにはならない。時間とお金を無駄にしただけとなってます。

 多分この人には自分のアイデアを形にするためにはどれくらいお金を準備して、どのような手順を踏めばいいのかの具体的なビジョンがなかったのではないでしょうか。だから勢いだけで独立して失敗した。

この人がやるべきこと

 この人のコメントを見ると、いつまで経っても「命綱のようなアイデア」を実施することはないように思える。

 この人が今やるべきことはその「命綱のようなアイデア」を実施するための計画を立ててすぐに動けることを見つけること。例えば企業に就職してお金を貯めることだったり、投資家とかに相談してお金を集めることだったり、アイデアをブラッシュアップするために他人に相談することだったり、いくらでも選択肢はある。

 目的があるなら今すぐできることは何かを考え、それを実行に移すことが重要だ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。