【サッカー】日本代表 対 ウルグアイ代表


Contents

採点

選手 採点 寸評
東口 6.5 最初の2失点は仕方がない。2つのファインプレーで失点を防ぐ。
酒井 6.0 攻撃では随所にいい攻め上がりを見せる。セットプレーではマークを外すシーンが目立った。
長友 6.0 中島とのコンビで左サイドを崩す。サイドを上がり中島にスペースを作るプレーも。守備では強さを見せる。
吉田 6.0 ファールはあったが基本的には安定した守備を見せる。
三浦 5.0 すべての失点に絡む。まだこのレベルでやるにはまだまだ物足りない。
遠藤 6.5 高い位置でのダイレクトプレーでチャンスを作る。守備では中盤で攻撃の芽を摘む。
柴崎 6.5 ダイレクトプレーでうまく相手を交わしながら攻撃のリズムを作る。
堂安 7.0 落ち着いたプレーで3得点に絡む。前線で体を張ったボールキープが際立つ。
南野 7.0 本日2ゴール。大迫の近くでプレーし大迫とのコンビネーションもいい感じに。
中島 7.0 2つのゴールに絡む活躍。積極的なシュートでチャンスを作る。
大迫 7.0 前線でボールを叩きゲームを作る。こぼれ球を押し込んでゴールを決める。
青山 6.0 目立つプレーはなかったが安定したパスを守備を見せる。
原口 出場時間が少ないため未採点。

総評

 ボランチから前線まで早いパス回しでコンビネーションの良さを見せて攻撃を活性化していた。また前線の選手は攻撃だけではなく守備にもよく走っていた。

 最終ラインではやはりロシアワールドカップ組が一歩リードしている。吉田の相方に若い選手が食い込めるか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。