無痛分娩から考えてみる


 ねとらぼで「陣痛に耐えられなかった体験談に反響 「無痛分娩がもっと一般的になればいいのに」「出産はゴールでなくスタート」の声」という記事があったのでそこから記事を書いてみる。

「みんな産めてるんだしあんたも大丈夫」

 1ページ目のラストのセリフ。このセリフに似たようなことを言われたことはないでしょうか? そう、よく上司が言ってくる「みんなやっているから」というあのセリフ。誰もが1回は言われたことがあるのではないでしょうか?

思考を止めるということ

 たぶんこのセリフを言った母親は何も考えてなかっただけだと思われます。そしてこのセリフと似たようなセリフを言う上司も何も考えていないのでしょう。というより、考えることを放棄しているのでしょう。

 思考を止めるということは楽な方法があるのにそれを避けるということに他なりません。もちろん無痛分娩にリスクが有るように、その仕事のやり方を変えたり放棄することにもリスクはあるかと思います。しかしリスクがあるからと言って変わることを放棄すれば効率化なんてできません。

 仕事を効率化するにはそういったリスクを念頭に置きつつも、どのようにすれば効率化できるか常に考え続けることが大事になるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。